SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

最近こんな映画を観ました。

忘れないように映画は記録しておきたいものだよ。
<< ディパーテッド | main | トランスフォーマー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サラエボの花
評価:
ヤスミラ・ジュバニッチ
ストーリー:サラを女手ひとつで育てるエスマ。サラに父親のこと聞かれても詳しく話さずにいたエスマだったが、サラの修学旅行を前に、ついにそのことを告白する日がやって来る...

重くて悲しい、けれども心温まる映画。ぶっきらぼうでありながらも、娘のことを深く愛する母親の愛にはちょっと泣きそうになります。それにしてもタイトルになっている都市「サラエボ」っていったいどこの国だっけ?すぐに答えられる人はあまりいないと思います。自分もそうでした。90年代にボスニア・ヘルツェゴビナ紛争があった暗い歴史をこの地域の人々みんなが背負っているという背景をちょっとでも知っておくと、この映画の内容をより深く理解することができたのになあと思いました。後でwikipediaで調べてわかったんだけどね。エスマの持つ秘密とは、wikiによるとこういうことらしい。
「1995年7月12日セルビア人勢力はスレブレニツァに居住していたボシュニャク人の男子を一人残らず虐殺。また、残された女子に対し集団レイプを行った上、一定期間強制収容し出産せざるを得ない状況に追いこんだ。」
 映画のラストで母と娘がやっと心を通わせたかのような表情を見て救われる気持ちになりました。素敵な映画。
| 社会派ドラマ | 23:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
| 株の初心者 | 2014/06/14 11:30 AM |










http://takuyamovie.jugem.cc/trackback/96