SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

最近こんな映画を観ました。

忘れないように映画は記録しておきたいものだよ。
<< トイ・ソルジャー’96 | main | 大いなる陰謀 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ミュンヘン
評価:
エリック・バナ,ダニエル・クレイグ,キアラン・ハインズ,マチュー・カソヴィッツ,ハンス・ジシュラー,ジェフリー・ラッシュ,スティーブン・スピルバーグ,トニー・クシュナー,エリック・ロス
ストーリー:1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックの開催中、「黒い九月」に所属するテロリスト8名がオリンピック村を襲撃、イスラエル選手団11名を殺害した。これに激怒したイスラエル政府は報復としてテロの首謀者達とされる11名のパレスチナ人を暗殺する任務をアヴナー達に託した。アヴナーらは11人の標的を次々と消すが・・・

<ネタバレあり>
標的とする首謀者は11人。一人ずつ抹殺しながら欧州を移動する彼らもやがては標的にされ始め、味方を失う内にアブナーは暗殺そのものに疑問を持ち、イスラエルに戻った後アメリカへ渡り妻と子どもの3人で生活を始める。
映画中の以下の台詞、きっと監督スピルバーグのメッセージなんだろうな。
エフライム「君たちは大きな作戦の一部だ。...罪の意識が薄らぐか?」
アヴナー 「殺して何になる?より強力な後継者が現れる」
エフライム「爪は切っても、また伸びる」

終わらない連鎖。もう一つ印象的だったのは、偶然アヴナーたちの隠れ家でETA(バスク祖国と自由)とはち合わせしてしまった時の、アヴナーとETAにいたパレスチナ人、アリとの会話。
アヴナー「教えてくれ、アリ。本当に”オリーブの木”が恋しいか?なにもないあの地に戻ろうと思うのか?白亜質の地に石の小屋を子孫に残したいのか?」
アリ  「心からそう願う。100年かかろうとも俺たちは勝利する」

たぶん、そこかしこのアヴナーの台詞はスピルバーグの代弁そのものなんだろう。だけど、言ってることがあまりにもストレート過ぎて、なんだか稚拙に思えてしまう。
内容は深いのに、台詞が安っぽいというか...
2時間半以上と言う尺も長過ぎる感じ。個人的な好みなんだろうけど、スピルバーグの編集センスはどうしても好きになれない。
パレスチナ問題に関して興味のある方は一度見てみるのもいいと思う。単純にサスペンスドラマとしてみるならば、あまり見るべきものはない気がする。
| 社会派ドラマ | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:52 | - | - |









http://takuyamovie.jugem.cc/trackback/87