SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

最近こんな映画を観ました。

忘れないように映画は記録しておきたいものだよ。
<< 幻の美女とチャンピオン/ミル・マスカラス | main | 運命を分けたザイル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
THIS IS IT
評価:
---
コメント:本当にマイケルが好きな人は観るのが辛いかもしれない作品。でもやっぱり観なくちゃ。

内容:今年の夏、ロンドンのO2アリーナで開催されるはずだった彼のコンサート”THIS IS IT”。本作は2009年4月から6月までの時間の流れを追いつつ、百時間以上にも及ぶリハーサルと舞台裏の貴重な映像から構成されている。幻となったロンドン公演の監督を務めていたケニー・オルテガが映画も監督し、全世界同時公開された。

 ということで、まだ発売はされていませんが、映画の方は観に行きました。泣けました。ライブそのものではなくて舞台裏を含めたリハーサル映像だから、よりマイケルが生々しく感じられて、それでついウルッときてしまったのかもしれません。完璧に完成されたまばゆいステージも素晴らしいですが、その裏で主役のマイケルが、舞台監督が、ダンサーが、何を思い、何に悩み、どんな意見をぶつけ合ったのか。そんな人間臭さがドキュメンタリーにはあります。
 曲の入りで自分がキューを出すことにこだわったり、ベースラインの音の跳ねを口で表現してみたり。ギターがいいポジションでソロを弾けるように試行錯誤したり、そうそう、イヤホンのモニターに慣れてないので歌いづらいと訴えていたっけ。小さい頃からモニタスピーカーで合わせてきたからって。「怒ってるんじゃない、愛なんだ!」っていうコメントがマイケルらしくていいなって思いました。
 最近の活動を見ていなかったですけど、歌声もきれいでダンスもキレがありました。やっぱりあれだけのダンサーに混じっても彼は光ってましたよ。だからこそ惜しい。涙目でそう思いました。
| ミュージカル/その他 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:02 | - | - |









http://takuyamovie.jugem.cc/trackback/134