SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

最近こんな映画を観ました。

忘れないように映画は記録しておきたいものだよ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け
評価:
山川直人,高橋源一郎
コメント:好きになれるかなれないか。すべてはここじゃないか。

 ストーリー:ギャングたちの襲撃から一軒の店を守るため、6人の用心棒たちが店のマスターと共に闘うまでを描く。高橋源一郎の原案を基に、彼と山川直人が脚本を共同執筆。

 わからない...何一つわからない。用心棒が喫茶店を守るという最初と最後の部分はそれなりにストーリーがあるが、中間は全てシュールで意味不明な台詞のオンパレード。不可能はない「114」や中島みゆき(というキャラを演じる室生滋)など突き抜けた感のある個性的過ぎる用心棒たちは面白いのですが、笑えるわけでもないついていけない謎の会話が延々と続くのは正直見ていてつらいかなー、と。
 ただし!なぜか豪華な役者人に妙に味のある全体的な雰囲気など、魅力的な要素はあります。アマゾンの評価がやたら高いのも特徴です。ただしフィーリングが合わない人にはまったく楽しめないという映画ですので、その辺を覚悟して観てみるのがありかな。
| コメディ | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
パルプ・フィクション1/2
評価:
Bob Koherr,Rex Nicholson,Gary Binkow,Lorena David,Mark A. Roberts,Patrick J. Clifton,Stephen Nemeth
コメント:最低?最強のB級パロディムービー。失笑しろ!

  もうタイトルでお分かりのとおりの超B級(C級)バカパロディ映画。パルプフィクションのパロディを中心に、レザボアドッグス、ネル、フォレストガンプなど90年代のヒット映画をネタに本当にくだらないストーリーが進行します。まったくもってどこで笑ったらいいかわからない、失笑するのすら困難なひどい映画ではありますが、クソな映画はその値段の中にけなし料が含まれていると考えると非常にお得な映画だということもできましょう。
 エンディングロールで何回も何回も出てくる物まね役者には無理やり笑わされました。やっぱり笑いを取るコツはこっちが折れるまでしつこくやることなんでしょうか。勉強になりました。絶対に勧めません!
| コメディ | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
親指バットサム
「あんた、誰だ?」
「親指バットサムだ」
「何だって?」
「バットサムだ」
「バット...何だって?」
「だから、バットが...えーとだから、サム(親指)がバットで...ふー
 ...友達に話すんだ。”新しいコウモリが街に現れた”と...」

ストーリー:『親指ウォーズ』『親指タイタニック』に続く親指キャラの爆笑パロディシリーズ第2弾。犯罪が絶えない悪の巣窟ガーッサムシティに親指バットマンが乗り込むが…。

 すごく、すごくくだらないです。登場人物全てが親指という、ただそれだけの映画。しかも親指にはリアルな顔がついていてそれは不気味です。基本的にコメディなので延々とくだらないギャグに終始しているわけですが、あまりくどくなく、いい味を出しています。時間も30分ですので、気になる方はぜひご観覧を。笑うと言うより苦笑い?失笑?でも個人的には大好きです。親指タイタニックも素敵?ですよ。
| コメディ | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習
ストーリー:過激な内容で話題を呼んだコメディドキュメンタリー。人気コメディアン、S・B・コーエン扮するボラットが、祖国カザフスタンの発展のためと称して突撃インタビューを敢行し、大騒動を巻き起こす。

...笑いました...。男2人で裸で喧嘩する辺りがピークです...。
なんというか、元祖どっきりを延々と映画でやってしまった感のある作品。カザフスタンからすれば国辱ものかもしれないが、逆にこれぐらいやってくれればネタだとわかりやすくていいでしょうね。
ユダヤ人に絡むエピソードは特にひどいのが多いのですが、先日、知人のトーク(T鉢氏)を聞いていてストレートに毒ったほうが面白いということを知りました。いやみがなくていいです。
| コメディ | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドリーム・チーム
ストーリー:潔癖症や自閉症など、それぞれに問題を抱えた4人の男たちの姿を描いたハートフルコメディ。マイケル・キートン、クリストファー・ロイドら実力派俳優が共演。精神病患者4人が医師とともに野球観戦に出かけるのだが、医師が事件に巻き込まれ、4人は町中に放り出されてしまう。

 殺人事件も絡んだりして、サスペンス的な要素もあるんですが、基本的には「ハートフルコメディ」というようにほのぼのと暖かい気持ちでドタバタを楽しめる作品に仕上がっています。クリストファーロイドなど、それぞれ病状の違う患者の個性がよく出ていてキャラが立っているのです。さすが!4人が事件を通してちょっぴりだけ成長していく姿もまた微笑ましくて好きです。素敵な映画ですよ!
★★★★☆


| コメディ | 19:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
デトロイト・メタル・シティ
監督:
李闘志男
キャスト:
松山ケンイチ
加藤ローサ
細田よしひこ
秋山竜次


ストーリー:おしゃれな渋谷系ミュージシャンに憧れ田舎から上京した根岸崇一。新人ミュージシャン募集に応募するが、悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」(DMC)のギターボーカル「ヨハネ・クラウザー・II世」として売り出され、カリスマ的人気を博してしまう...

 いいです。原作のノリをうまく表現していましたし、根岸とクラウザーさんの時のギャップ、渋谷をあの姿で走り回る絵づら的な面白さなど、本当に楽しい映画に仕上がっています。映画館だと音がいいのでライブシーンも盛り上がりますね。松雪泰子の女社長っぷりがいいと評判ですが、前半は慣れていないのか、セリフや高笑いなどにちょっと痛々しい感じを受けてしまいました。
 細かいことを言うとライブシーン、役者さんの楽器の取り回しがいかにも素人のそれでなんだか興ざめという部分もありますが、気にしなければ別にいいのかなあ。
 全体的には○です!
★★★★☆ 楽しい映画。好き。


| コメディ | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
素人助役奮闘記
評価:
江藤潤,白都真理,ケーシー高峰,谷啓,今陽子,岡本信人,池波志乃,成田三樹夫,ハナ肇,山下宏,米持克彦,倉持友一,大石弘一,高田拓,石川栄男,福田元彦
ストーリー:自治省から村役場の助役として派遣されてきた坂本太郎(江藤潤)。おかしくもあたたかな人たちに囲まれ、町の難問を解決していくのだが...

 というわけで、友人が選んだ映画を何人かで観たのです。1982年という時代、自治省が後援している、などの要因?もあってつまらないといえばつまらない映画でした。最後の選挙が山場になるのですが、それまでは淡々といろいろなエピソードが起きていく感じです。なんていうか、全体的にのんきな村役場のゆったりした雰囲気が楽しめればそれで良いじゃないかとも思います。個人的には楽しく見れました。悪くないです。
 最近は自治体もお金がないだのなんだので世知辛いですが、こんなのんびりしていた時代もあったのかなあと思ったり。
| コメディ | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
笑の大学
ストーリー:三谷幸喜が手掛けた舞台劇を役所広司と稲垣吾郎共演で映画化。戦争色の濃い昭和15年、庶民の娯楽が規制される中で劇団“笑の大学”の上演を望む座付作家・椿と検閲官・向坂は反発し合いながら次第に友情を築いていく。

というわけで、三谷幸喜作品をDVDでちゃんと観たのは初めてかもしれない。小気味よい笑いが随所にあって”楽しい”作品です。役所広司と稲垣吾郎の演技勝負が見所なわけですが、結果、役所広司の圧倒的勝利に終わっており、稲垣吾郎演じる椿の存在がかわいそうになってきます。椿のキャラは一貫しているわけですが、向坂のまじめなキャラが徐々に変わってゆくその絶妙な感じは最高です。「演技」が楽しめるいい作品だと思いますよ。
| コメディ | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナチョ・リブレ 覆面の神様
評価:
ジャック・ブラック,アナ・デ・ラ・レゲラ,ヘクター・ヒメネス,ピーター・ストーメア,リチャード・モントーヤ,ダリウス・ロス,セサール・ゴンザレス,ジャレッド・ヘス,マイク・ホワイト
ストーリー:修道院の調理係・イグナシオが、潰れかけた修道院と孤児たちを救うため、ルチャ・リブレの覆面レスラーとして奮闘する。

ゆるいです。かなりゆるゆるです。ジャック・ブラックといえばやっぱり「スクール・オブ・ロック」のイメージが強いですが、今回はあそこまであくは強くないですね。ただし、その分脇を固めるキャラクタはくせのある人たち(ヤセとかね)がすごくいい味を出しています。爆笑するところもそれほどないし、ストーリーも予定調和ですけど、全体的を通して流れる空気がいいですよね。のんきにぐだぐだ観るのが正解?個人的にはすごく好きです。
余談ですけどシスター役のアナ・デ・ラ・レゲラかわいいです。他の作品も観てみたくなったなあ...
| コメディ | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
絶叫屋敷へいらっしゃい!
ストーリー:交通違反で保安官に追われた株式コンサルタントのクリスとその友人は、なぜか治安判事の屋敷に連行される。そこはブキミな長老が仕切る世にも恐ろしい絶叫屋敷だった...
ということで、コメディ界の重鎮、ダン・エイクロイドが監督、他にもチェビー・チェイス , ジョン・キャンディ , デミ・ムーアと豪華な顔ぶれがそろった入魂の一作だったが...非常にトホホな仕上がりに。前編くだらない感じ。笑う、というよりは失笑する場面のほうが多いです。いや、いいんですけど。このくだらない感覚が好きな人は観てもいいかも。管理人は意外と嫌いじゃありません。できはひどいけどね。日本人の笑いの感覚とはかけ離れていると思いました。厳しいぜ...
★★☆☆☆(まあ、しかたのないでき)
| コメディ | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) |