SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

最近こんな映画を観ました。

忘れないように映画は記録しておきたいものだよ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
THIS IS IT
評価:
---
コメント:本当にマイケルが好きな人は観るのが辛いかもしれない作品。でもやっぱり観なくちゃ。

内容:今年の夏、ロンドンのO2アリーナで開催されるはずだった彼のコンサート”THIS IS IT”。本作は2009年4月から6月までの時間の流れを追いつつ、百時間以上にも及ぶリハーサルと舞台裏の貴重な映像から構成されている。幻となったロンドン公演の監督を務めていたケニー・オルテガが映画も監督し、全世界同時公開された。

 ということで、まだ発売はされていませんが、映画の方は観に行きました。泣けました。ライブそのものではなくて舞台裏を含めたリハーサル映像だから、よりマイケルが生々しく感じられて、それでついウルッときてしまったのかもしれません。完璧に完成されたまばゆいステージも素晴らしいですが、その裏で主役のマイケルが、舞台監督が、ダンサーが、何を思い、何に悩み、どんな意見をぶつけ合ったのか。そんな人間臭さがドキュメンタリーにはあります。
 曲の入りで自分がキューを出すことにこだわったり、ベースラインの音の跳ねを口で表現してみたり。ギターがいいポジションでソロを弾けるように試行錯誤したり、そうそう、イヤホンのモニターに慣れてないので歌いづらいと訴えていたっけ。小さい頃からモニタスピーカーで合わせてきたからって。「怒ってるんじゃない、愛なんだ!」っていうコメントがマイケルらしくていいなって思いました。
 最近の活動を見ていなかったですけど、歌声もきれいでダンスもキレがありました。やっぱりあれだけのダンサーに混じっても彼は光ってましたよ。だからこそ惜しい。涙目でそう思いました。
| ミュージカル/その他 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
プロデューサーズ
ストーリー:大ヒットブロードウェイミュージカルを、舞台版の演出も手掛けたS・ストローマン監督が再映画化。大コケばかりのプロディーサー・マックスと会計士のレオは、舞台を失敗させることで大儲けする方法を思いつくが、なぜか舞台は大人気になってしまうのだった。

ストーリーそのものはすごく薄っぺらいです。ただ、ミュージカルとしての楽しさは一級品。そこを買っての☆5つ。出演する人たち全員があくの強いおかしなキャラばかり。特に演出家一味のゲイの方々!最高です。ゲイっぽいヒトラーのダンスも笑わずにはいられないし、おかしなナチかぶれの脚本家もへんてこで素敵。
あとはユマ・サーマン、美しいですな...。オツムの弱い北欧女という設定ですけど、すらりと長い手足を振り回すとなんとも踊りも冴えるもの。
ところどこと下品な笑いもあったりしますが、とにかく楽しませるミュージカル、ということに徹底していて嬉しくなってしまう作品です。お勧め!


| ミュージカル/その他 | 06:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
WATARIDORI
ストーリー:世界中に散らばる100種以上の渡り鳥が、多くの困難や試練を乗り越え、繁殖のために北極を目指し、再び戻ってくる姿を、克明に、かつ壮大に描いた感動作。

 これはきっと、はまる人とそうでない人でまるっきり評価が変わってくるでしょうね。管理人はめちゃめちゃはまりました。撮影に3年、20億円の予算を投入したと言うこの空撮映像はとにかくものすごいスケールなのです。本当に渡りの鳥と同じ視点、目線で撮影されていて、一緒に飛んでいる気分を味わえてとにかく気持ちがよいし、飛行中の鳥はこんなにも美しいのかとはっとしてしまいます。メイキングを観るとひなから育てて飛行機に慣れさせ、その上で一緒に飛んでいるという気の遠くなる努力にも頭が下がります。
 もちろん渡りの最中で人間の猟師に襲われたり、ヒナを食べられてしまったり、海辺で弱ったところをカニに襲われたりという惨劇はあるわけですが、あえてお涙ちょうだいっぽくしていないのも好印象ですね。これが自然なのですよ。
 本当に素晴らしい映画でした。
| ミュージカル/その他 | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
不都合な真実
ストーリー:地球の危機を訴えるアル・ゴア元アメリカ副大統領のスライド講演の模様を、彼自身の独白を交えつつ構成したノンフィクション。

 というわけで話題のドキュメンタリー映画。個別のデータを一つずつ見ていくと、今更有名な話じゃんっていうものも多い訳ですが、変化し続ける地球の様子を捉えた写真や映像、データを突きつけられると否応なく「こりゃまずい」と感じることでしょうな。こうした事実を広めたくない一部の産業複合体(石油関連で莫大な利益をあげている人たちですね)が絶対的な資本と権力を握っていることがアメリカ的には一番の問題なわけで、そこをもっと突いてほしかったような気もします。
 ゴア氏のプレゼンテーションの仕方はぴか一。この辺はさすがアメリカ。見習いたい。
| ミュージカル/その他 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウンタマギルー
評価:
高嶺剛,小林薫,戸川純,青山知加子,ジョン・セイルズ,平良進,間好子,照屋林助,エディ
ストーリー:平凡な青年がふとしたことから身につけた超能力を使って空翔ぶ義賊となって活躍するファンタジー。

とてもレビューが遅くなってしまいましたが...今年の夏に見た映画。そういえばこのブログのカテゴリに「ファンタジー」ってのがなくて、「ミュージカル/その他」になってしまっています。個人的には★4つです。返還前の沖縄の、不思議なゆったりした空気が全面に流れていて、クライマックスの盛り上がりもたいした緊張感もないんだけれど、”なんとなくいい”という、そんな映画。琉球語に日本語字幕がついているのが新鮮でした。
お勧めはしない。
| ミュージカル/その他 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
コープス・ブライド
ストーリー:『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のティム・バートンが贈るストップモーションアニメ。ひょんなことから死体にプロポーズしてしまった青年・ビクターと、その言葉を真に受けて死界から蘇ったゾンビのドタバタを描く。
とにかく、人形アニメとか言って絶対CGだと思って観てました。後からメイキングを見て、ほんとにストップモーションで作られているのを知ってがくぜん、もう一度観たという。それほどに出来がいいです。人形も進化していて、表情、特に口元の微妙な演技にははっとさせられます。ストーリーも楽しく切なく、死者の花嫁と主人公のビクターを中心に進んでいきます。とにかく映像の美しさは「ナイトメアー〜」から格段の進歩を遂げ、映像を見ているだけで目が喜ぶ映画でした。この手の映像が好きじゃない人にはいまいちかもしれませんが...
★★★★★(あくまで主観判断ですから!)
| ミュージカル/その他 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
コンスタンティン
ストーリー:特殊な能力を使いこの世に蔓延る“異変”を取り払うエクソシスト、ジョン・コンスタンティンの孤独な戦いを描く。
ということで、観たのが一ヶ月くらい前、感想すら忘れかけています...(笑)天使ガブリエルの役はティルダ・スウィントンということで、中世的な不思議な魅力がありました。ナイスキャストですね。どこかで見た...と思ったら「ナルニア国物語」の魔女役でした。納得。
★★★★☆(も一回見直したい気もする)
| ミュージカル/その他 | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャッカス・ザ・ムービー
ストーリー:MTVで人気放映中の超おバカ番組「Jackass」の劇場版。お馴染みのイカれたメンバーがおバカな企画にチャレンジする。
(ネタばれあり)えーと、「おバカ」を通り越してバカです。あまりにも悪趣味な企画が多いため(お店の展示してる便器にウンチ、シャーベットにおしっこをかけて一気食い、大人のおもちゃに血をつけてクレーム返品等々)ぜんぜんお勧めできないのですが、面白いものもけっこうあります。訴訟大国のアメリカだけに、あまりにもひどいいたずらはちゃんとやらせでやっているんだろう...と信じたい。年寄りのメイクをして電動カーでアクロバット運転とかは好き。ちなみにぽすれんのレビューでは★5つ満点に対し★3人、★★2人と前代未聞の低さ。さすがです
ちなみに友人は途中でギブアップして観れなかったそうです
★★★☆☆(面白いネタもあるんですが...)
| ミュージカル/その他 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
シカゴ
ストーリー:愛人を射殺した罪で収監されたスターを夢見るロキシーは、刑務所で出会った憧れの大スター・ヴェルマと名声を賭けた争いが始まる。
ブロードウェイ等のミュージカルではおなじみの、ボブ・フォッシーの名作を映画用にリメイクしたものだそうです。全編ミュージカルだということは観るまで知りませんでした。なんにせよとにかく楽しい作品。ダンスパートへの入りや曲中のストーリー進行の絡みなど、ダンス本編も含めて本当に良くできています。うさんくさいやさ男弁護士のビリーもリチャードギアにははまり役。「ブリジットジョーンズの日記」のレニーゼルウィガーが主役なのですけど、びっくりするぐらい体が引き締まってます。踊りも素敵。ハリウッドが得意とする、エンターテイメントの真骨頂を観たような気がしました。最高。
★★★★★(ストーリーはそれほどでもないのだけれどね)
| ミュージカル/その他 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) |