SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

最近こんな映画を観ました。

忘れないように映画は記録しておきたいものだよ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
月に囚われた男
評価:
コメント:たった一人の孤独な戦い。いろんな意味で、彼にとっての地球はとても遠いのであった。

ストーリー:サム・ベルは、エネルギー源を月から地球へ送るため、ルナ産業からたったひとりで派遣されていた。話し相手はロボットのガーティだけ。3年という契約期間も残り2週間になり、ようやく地球に戻れる日が迫っていたのだが---!

 というわけで、ここ10年くらいはSF映画といえば派手なCGとアクション性ばかりが取り沙汰される中、70年代SF映画の臭いを感じさせる良質なアイデア一発系作品となっております。
 サムが事故を起こした後、後半のストーリーはネタバレで全てが台無しになってしまうので書くことはできませんが、たった一人月に暮らす男の孤独さ、置かれた状況の非情さなどがヒリヒリと伝わってくる感じがいいです。唯一の相棒はガーティというロボットなのですが、下手に二足歩行の人間風ではなく、天井に設置されたレールからぶら下がってガチャガチャ移動してくる無骨な感じがかえってユニークです。その無機質なロボットがたまに人間臭いセリフを吐いたりするのがうれしいわけです。何て言うのかしら、2001年宇宙の旅のHALっぽいんだよね。絶対インスパイアしてると思う。
 といったわけで壮大さや派手さはありませんが、SF映画としてはちょっと良い拾いものをしたな、と思える作品。
| SF | 19:17 | comments(1) | trackbacks(0) |
第9地区
評価:
---
コメント:エイリアンが難民化してやってきたら?誰も見たこと無い新感覚のSF。

ストーリー:南アフリカ上空に突如現れた正体不明の宇宙船。襲って来ることもなく、難民として降り立ったエイリアンと人類との共同生活が始まる。それから28年が経過し…。

 映画、特にSF映画はやっぱりアイデア一発勝負だよね。今回の第9地区を見て本当にそう思う。もしもエイリアンが難民としてやって来たら。スラム化した小汚い居住区に押し込められたエイリアン達とその周辺に住む人間とはどういう関係になっていくのか。誰も想像しなかった映像を見せてくれました。もちろん窮地に追い込まれた主人公と仲間を思うエイリアンの友情みたいなところも描いて、気持ちの良いエンディングまで一気に引っ張ってくれます。

 現時点では今年一番のお気に入り映画です。あの「エビ」と呼ばれる気持ち悪いエイリアン達になぜか感情移入してしまうから不思議。
 エンディングの余韻を楽しみたいから下手に続編とかは作らないでほしいな。
| SF | 23:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
ターミネーター4
ストーリー:人類滅亡を目論むスカイネットによる核攻撃を生き抜いた人々は抵抗軍を組織。大人になったジョン・コナーも最前線で戦っていたが、ある日彼はマーカスと名乗る謎の男と出会い…。

 いろいろあったけど、結局普通に3のお話の続き。舞台を未来に移し、人工知能スカイネットと人間による抵抗軍の戦いを描きます。主人公はほぼマーカス。映画後半にどんどん話が展開していくので彼の素性については書けないんですが、わかる人にはある程度予測の範囲内かも知れませんね。
 次々とおそいかかる凶悪無比なターミネーターの軍団は基本的に映画1の姿を踏襲しています。骸骨っぽい頭に赤く光る目。このデザインは最高ですね。禍々しくて恐怖を煽ります。シュワルツェネガー知事もちょっぴり参戦(CGで)など見所も多くて映像も迫力満点、アクション映画としては満点なのですが、見た後に何も残らないという感じは否めない。なんでだろ?


| SF | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
アバター
評価:
---
コメント:圧倒的な映像体験。やはりこれは3Dで観てほしい。

 3D映像が大好きな管理人は当然3D版で観ました。すごい。とにかくすごいの一言に尽きます。手前に飛び出してくる感じというより、より自然に奥行きを感じられるようなナチュラルな感覚で、映像の立体感を心地良く楽しむことができるのです。上映時間は3時間近くとなかなかに長いですが、この映像の気持ちよさでそれほど苦痛は感じません。CGで表現される異星人「ナヴィ」。彼らは真っ青な皮膚にネコ科の顔立ち、その動きはあまりにもしなやかで違和感を感じさせないのも驚きでした。ヒロインのネイティリがやたらセクシーに感じてしまうのです。
 ただ、意外な落とし穴は3D眼鏡にありました。管理人はもともと眼鏡をかけているのですが、眼鏡の上からこの眼鏡をかけると、うまく装着できないのです。そのため眼鏡がずり落ちてきてしまい、結局最後まで片手で眼鏡を支えながら観なければならないはめになり、この点だけは非常に辛い。国内上映では3Dの方式が4つほどあるらしいのですが、映画館によっては眼鏡に装着できるクリップ式を用意しているところもあるらしいので、眼鏡の方は聞いてみることをお勧めします。
 ストーリーに関しては、予告編をみたらほとんどわかってしまいますよね。だからお話としては意外性はゼロ。予告編は観客を呼び込む重要な要素なのでしょうけど、だからってあまりにも映像を出しすぎるのはどうなのかしら。映画館で映像に触れた時の感動が薄れてしまうので何とかして欲しいなあこの流れ。
 とにもかくにも、この3D映像体験は必見。SFやアクションものが嫌いな方もぜひ一度体験してみることをお勧めします。

| SF | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
アイアンマン
ストーリー:マーベル・コミックの人気キャラクターを、演技派俳優、ロバート・ダウニー・Jr.主演で映画化したヒーローアクション。巨大軍事企業の社長であり天才的な発明家であるスタークは、アフガンでテロリストに誘拐され新兵器の開発を強要されるが…。

 ストーリー自体は荒唐無稽ですが、そこは映画と楽しめればこれほどウキウキするお話もめったにないでしょうね。天才科学者が鋼鉄のスーツを開発して活躍する。子どもの頃描いていた夢がそのまま映像になっている、という意味でこれほど楽しい映画はなかなかないのでは。X-MENのように超人的能力を持ったミュータントが活躍するのではなく、普通の(といっても頭脳は超人的ですけど)人間がマシンの力で強く変身するという設定の方が感情移入もしやすいのです。
 個人的にはテロリストのアジトで作った一号機の無骨な感じが好きです。気持ちのいい作品!男子にお勧めしたい。
 あと、グウィネス・バルトロウがキュート。やっぱりこの人はスーツでなくちゃ。


| SF | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
マイホーム・コマンドー
ストーリー:プロレスラー、ハルク・ホーガン主演による痛快B級SFコメディ。宇宙の独裁者を倒し、燃料補給のため地球に降り立った宇宙戦士・ラムジーに、予想外の新たな敵が襲い掛かる。

B級。ほんとにB級です。わー、ハルクホーガン懐かしいなあーと喜べる人だけにお勧めしたい。ホーガンが出てるというだけあって、最後のボスもあえてプロレス技を使ってくれるあたりが好きです。モンゴリアンチョップなんだけどね(笑)。しかし、結局最後までアックスボンバーは見れませんでした。残念...
クリストファー・ロイドがいい味を出していました。氷付けにされて運ばれていく辺りはかなり笑えます。ジャンルはSFにしましたけど、これはコメディですね。きっと。
| SF | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウォンテッド
監督:
ティムール・ベクマンベトフ
キャスト:
ジェームズ・マカヴォイ
アンジェリーナ・ジョリー
モーガン・フリーマン
テレンス・スタンプ


ストーリー:上司にはイビられ、恋人は寝取られ散々な日々を送るウェスリーは、突然謎の美女フォックスと彼女の組織に、暗殺者としてスカウトされた。会社を辞め訓練を重ねたウェスリーは、その身体に秘められた才能も手伝って、一流の暗殺者として頭角を現すが...

 というわけで、劇場で見ました。タイムスライスやスローモーション、視点移動など多分に「マトリックス」でしたね。”弾の弾道を曲げられる能力”というアイデアのおかげで、銃撃戦に新たな面白さが加わったかな、と思いました。ストーリー的に突っ込みどころはありますが、その痛快な映像はノンストップ。最後まで飽きさせない作りでお勧めです。あえて言うとすれば、予告編映像では大事なシーンがガンガン使われてしまってますので、観る予定の人はできるだけトレーラーは観ないようにしといた方がいいかも...。こういうのほんとに困るよね。
★★★★☆ なかなかの出来で大満足♪


| SF | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
トランスフォーマー
ストーリー:80年代に人気を博した日米合作のアニメを映画化。ヘリコプターや車などに自由自在に変形するロボット生命体と、それらの脅威にさらされる人類の姿を、最新技術を駆使して描く。

ストーリー進行そのものは非常にチープ。まあ、80年代ロボットアニメのストーリーにむりやりNASAやら政府を絡めてあるし、そこはそれ。しかし、変形する巨大ロボットの映像をハリウッドが本気出して作ったことに意義があります。コンボイやスポーツカー、ヘリコプターなどがロボットに変形したり、市街地で戦闘を繰り広げるCGはもう最高。スピード感と人の目線から見上げた感じのリアルなアングルで、最後まで飽きさせません。
とはいえ、こういうのが好きかどうかで評価は大きくわかれるでしょうな。私は大好きですんで。星5つ。
| SF | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ステルス
ストーリー:テロ対策プロジェクトの“一員”だった最新鋭の無人ステルス戦闘機の暴走を食い止めるため、3人のパイロットが奮闘する。

なんていうか、ストーリーはありていです。ジェイミー・フォックス、そんな役で良いの?っていうくらい...(笑)
設定的には薄っぺらいですね。最新鋭無人戦闘機がカミナリを受けて意志を持つ、ってまんまショートサーキットの昔からよくある展開ですしね。ただ、戦闘機が飛び交う映像はさすが。もうこれだけ楽しませてくれたら、ストーリーなんかどうでもいいです。ある意味。
そんなわけで、気晴らしにすかっとする映像が見たい方にはお勧めできるかな、と。
| SF | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
イーオン・フラックス
ストーリー:2415年、人類は汚染された外界とは壁で隔てられた都市・ブレーニャで圧制されながら暮らしていた。そんな政府に抵抗する反政府組織“モニカン”。そんな“モニカン”のひとり、イーオン・フラックスはブレーニャの支配階級の暗殺を命じられる…。

はっきりいってストーリーはいまいち。CGもいまいち。全てにおいて「ウルトラ・ヴァイオレット」同様、ありがち近未来の設定SFなわけですが、とにかくすごいのは主演であるシャーリーズ・セロン様の完璧なスタイル。ちょっとボンデージテイストを交えた近未来風ボディコンシャスなスーツはCGの世界にとけ込み、とりあえず彼女が画面に映っているだけで楽しめるのでした。それだけっちゃそれだけか....
| SF | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |