SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

最近こんな映画を観ました。

忘れないように映画は記録しておきたいものだよ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
インセプション
評価:
クリストファー・ノーラン
コメント:人の夢のなかに潜むもの。夢から醒めた夢。現実感の喪失。圧倒的な映像で描く夢の世界は逆にリアルこの上ない世界だった。

ストーリー:クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙の共演で贈るSFアクション。他人の潜在意識に侵入してアイデアを盗み出すスペシャリスト・コブに、ある人物から特別なミッションが下る。

 人の心の中や夢の中の世界へ侵入する、という映画は今までにも数多くありましたよね。アニメだと「パプリカ」、「ザ・セル」とかね。大ヒットした「マトリックス」も意識の中の世界がテーマになっています。その人の心の状態でグニャグニャに変わっていってしまう夢や心の中を扱う以上、CGの技術が上がれば上がるほど理想とする世界観に近づけるわけで、本作も圧倒的な幻想的映像のオンパレードとなっております。
 アクションとしても秀逸なのは夢のなかのルールがきちんとしていることで、例えば「夢のなかでは上の階層の夢(もしくは現実)よりも20倍速く時間が進む」「夢のかなにいるかどうかを判断する”トーテム”というアイテム」などなど。また、夢のなかで更に夢を見させ、その夢で更に夢を...という多重階層による世界が同時に進行し、全ての階層の夢で戦いがリアルタイムに行われるために、終盤の場面では本当にハラハラしてしまいます。夢の世界にきっちりとルールを設定し、その上で多重階層の夢を設計したことで夢という曖昧な世界をきちんと描いているわけですね。

 で、ここからはネタバレ。気をつけてね。あまりに夢の階層が深くなってしまうと、目覚めた自分が今夢の中なのか現実なのかわからなくなってしまうため、自分だけにわかる”トーテム”というアイテムを使うわけですが、映画の最後はトーテムの動きが最後まで描かれず、「あれ?これって現実?それとも...?」というあやふやなままエンディングを迎えてしまいます。もやもやする描き方は好きではありませんが、「これは夢なんだろうか、現実なんだろうか?じゃあ、あなたはどうなの?今、この世界は現実なの?本当に?」って何だか問いかけられているみたい。考えだすとぐるぐるまわって出て来れなくなる、そんな嫌な余韻まで味わせてもらいました。面白いよ。


| アクション | 19:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
ヒットマン
評価:
---
コメント:格好良い。暗殺者っていつの時代も隠れたヒーローなんだよね。

 ストーリー:エリート暗殺者のエージェント47はロシアに潜伏し、ターゲットの政治家を射殺する。だが密告により追われる身となり…。

 軽い気持ちで楽しむ映画。銃撃シーンはスタイリッシュだし、ヒロインは超絶美人じゃない所が逆にちょっとエロくて良いです。暗殺者エージェントのトップがはめられて逆に組織から狙われる身になり、逃亡しつつ逆に組織のボスを追い詰めていく...ってすごいありがちなストーリーではありますが、わかってて楽しむ分にはむしろ良し。面白かったですよ。

 おれもハゲてきたらスキンヘッドにして、黒いスーツに真っ赤なネクタイで歩きたいと思います。

| アクション | 23:22 | comments(1) | trackbacks(0) |
ダークナイト
評価:
---
コメント:ヒースのジョーカーは必見。狂気こそがフリークなのだ!
Amazonおすすめ度:

俺は殺さないさ。お前がいなけりゃケチな泥棒に逆戻り。
イヤだ、お前が欠けたら生きていけない。

お前などクズだ!

まっとうな口をきくな。似合わんぜ。お前はバケモノだ。俺と同じさ。
今は必要でも、不要になったらたちまち世間のつまはじきもの。
世間のモラルや倫理なんてものは、善人のたわごとだ。
足下が脅かされりゃ、ポイ。たちまちエゴむき出しになる。
見せてやるよ。
いざってとき、いかにに文明人とかいう連中が争い合うか。
俺は怪物じゃない。先が読めるだけさ。


ストーリー:正義感あふれる地方検事・デントと共にマフィアの撲滅に努めるバットマンの前に、狂気に満ちた犯罪を繰り返す不気味な男“ジョーカー”が現れる...

 というわけでバットマン。タイトルはただ「ダークナイト」となっていますが、これはエンディングへ向けての広大な複線となっているのですねー。深いです。
 一番の見所は誰もがいうように故ヒース・レジャーによる狂気のジョーカーなんですよね。もごもごした口の感じやかくかくした歩き方、何を考えているのかわからない目つきなど、コミカルなのに背筋がぞっとする程恐い、と言う。
 根本にあるのは正義と悪、2つにわけきれない心の葛藤だとか人間模様なんかだと思うんですが、実際それ程奥深いものではないです。ただし、ストーリー展開や世界観、美しい映像や個々の演技、全てがエンターテイメントとして成立していて、映画としては本当にレベルの高い一本ではないでしょうか。一部では「2000年代映画のNo1」といわれる冠が妥当かどうかは別として、素晴らしい映画であることは疑いありません。お勧め。
| アクション | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
評価:
---
コメント:海賊と愛と恐怖と冒険と戦いと...全部入っててとにかく長い!長いよ!

 ストーリー:次々と海賊たちを葬り去り、世界制覇を目論む東インド貿易会社のベケット卿に立ち向かうため、海図を手に入れたブラックパール号の乗組員たちは“ワールド・エンド”を目指す。

 ...というわけで完結編です。2作目、「デッドマンズ・チェスト」のラストでオオダコのような怪物にやられ、死んでしまったことになっているジャック・スパロウ船長を救出しに行こう!というところから物語が始まっており、のっけから盛り上がるんじゃ...と思って観ていたらなかなかテンションがあがりません。やたらと人間関係が複雑で入り組んでおり、おまけにさすが海賊?裏切ったり寝返ったりで攻守もころころ入れ替わるのです。んー難しいなーこれ。
 最後の海賊船同士の一騎打ちのシーンはさすがに盛り上がります。でもそれまで引っ張って来た魔女?カリプソも大きくなっただけで肩すかし。アンディ・ラウも大暴れする間もなくいなくなるなど、全体的に長い割には(俺の中だけで)消化不良気味。ま、たぶん一番の不満点はジャック・スパロウ船長の活躍が少なかったことにつきるのかな。どうもエリザベスとウィルの恋愛模様が一番の中心に据えられているみたい。いいんだけどね。
| アクション | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
幻の美女とチャンピオン/ミル・マスカラス
評価:
---
コメント:往年のミルマスカラスに涙しろ!トォーッ

ストーリー:美女コンテストで賑わうメヒコの街を支配する無頼漢どもを 撃滅するために、仮面貴族ミル・マスカラスと地獄の天使 ブルー・デーモン率いる正義の戦士たちがついに立ち上がる! 全篇に流れる怪しいBGMに乗りマターリと続くアクション、もちろんお約束のルチャ・ファイト・シーンも満載 !

 ...というわけで。当時プロレスやルチャ界でヒーローだったミル・マスカラスとブルー・デーモンが主人公のアクション映画。1970年。とにかく一度も鳴り止まないBGMが印象的。すごく渋めのジャズっぽい曲が全編を通じて流れています。微妙...(笑)
 とにかく肉弾戦の戦闘シーンがずっと続きます。好きな人にはお腹いっぱい。ダメな人には拷問です。管理人は大好きなので(笑)。時代のせいか技が地味め(巻き投げとボディスラムとか)だったり、逃げる敵を追いかける際にバイクにまたがる動作がやけにやぼったいなどゆるい部分も多々ありますが。それら全てを含めたこの雰囲気がルチャシネマ。ちなみにDVDはお得な2本入り。もう一本は「荒野のルチャ・ライダース 地底帝国を撃破せよ!」です。ああ、こっちも気になって仕方がないです!
| アクション | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スピード・レーサー
評価:
---
コメント:極彩色の超速レースに酔え。ストーリー?あんなのおまけだよ!

 ストーリー:巨大企業の陰謀に満ちたカーレース界で、家族や恋人のために勝利を目指すレーサー・スピードの奮闘を描く。

 というわけで作品コメントにも書きましたが、家族ドラマを中心に進むストーリーはあまりに薄っぺらくておまけ感たっぷりな分、レースシーンのCGは一見の価値あり、というくらいの迫力&スピード感なのです。ジャンプする機能が効果的に使われていて、ただ上に飛ぶだけじゃなく、バンクを利用して逆サイドに移動するなど、あり得ないけど格好いいアクションが満載です。
 深く考えずにド派手CGカーアクションを楽しみたいならお勧めできますね。でも原作の「マッハゴーゴーゴー」に思い入れがある人は受け付けないかも知れません。個人的には、車のディテールなどそこそこ忠実に再現していると思うんだけどなあ。ちょっとださいヘルメットやハンドルについているボタンも含めてね。
| アクション | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
バンテージ・ポイント
ストーリー:大統領狙撃の瞬間を目撃した8人の異なる視点から、事件の真相を描くサスペンスアクション。スペインで開催された国際サミットの壇上で、大統領の狙撃事件が発生。シークレットサービスのトーマスは目撃者の証言から事件の真相を探ろうとするが…。

大統領狙撃・爆弾テロのシーンがくるとまた23分前に戻り、ちがう人の視点でストーリーが繰り返され、その度に徐々に犯人像が見えてくるという点が新鮮で面白かったです。
緊迫感のある映像で楽しめました。後半のカーチェイスはやり過ぎです(笑)。
せっかくシガニーウィーバーがテレビクルーで出ているのにほとんど活躍がないのが残念。見てる側の予測(きっと何かあるに違いないという)を引きつけるためのおとりだったのかとすら勘ぐってしまいました。
90分と短い作品ですが、時間を忘れて楽しめる作品でした。お勧め。


| アクション | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
300<スリーハンドレッド>
ストーリー:壮大なアクション史劇。紀元前480年、スパルタ王の下にペルシア帝国の使者がやって来た。服従を迫る使者を葬り去った王は、300人の戦士を従え100万の兵を迎え撃つ。

「アクション史劇」つってもね、もとはアメコミですから。巨人やら忍者やらサイの戦車やらがわらわらと襲いかかってくるという、ファンタジー映画ですね。最初から最後までマッチョなレオニダス率いるスパルタ群が悪の(笑)ペルシャ帝国を相手に暴れまくります。
こういうのが好きな人にはたまらない映画。私とかね。スローモーションを多用していて映像もとても美しいのです。どのシーンを切り取っても絵になる感じ。
男子はどうしてもこういう映画に熱くなってしまうのよね。よくわかってらっしゃるなあ。大好き。


| アクション | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
007 カジノ・ロワイヤル
ストーリー:6代目ボンド、ダニエル・クレイグ主演による人気スパイアクションシリーズ第21弾。“00”の地位に昇格したボンドは、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている死の商人、ル・シッフルの存在を突き止めるが…。

というわけで、新生ボンドはダニエル・クレイグ。そういえば「ミュンヘン」にも出てたっけな。ピアーズ・ブロズナンが演じてたオシャレでスマートな感じの007は鳴りを潜め、無鉄砲で力づくなキャラ作りになってましたけど、これもありと言えばありかな。個人的には一番盛り上がったシーンが、冒頭で爆弾を背負った逃げる犯人を追う007。いわゆるバルクールというやつで、あらゆるところを走る走る。ここは本当に見応えがあります。
最近の流れなのかもしれないけど、いわゆる「秘密兵器」は全く出てきませんね。オープンカーで水中を走ってた頃が懐かしいような(笑)
| アクション | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
トイ・ソルジャー’96
評価:
コリー・ハイム,ジム・ウィノスキー
ストーリー:ニューヨークから転向して来たレニー(コリー・ハイム)の高校に、核弾頭の小型ミサイルを強奪したテロリストが、警察に追われて逃げ込んでくる。テロリストは警備員を射殺、脅された校長は放課後に残っていた生徒をホールに集合させる。一人隠れていたレニーはテロリストへ反撃を開始した...

B級です。最高にくだらない映画。褒め言葉ですよ。だいたい、トイ・ソルジャー’96とか邦題つけてますけど、原題は「デモリション・ハイ」まあ、今までに見た「ターミネーターX」みたいなもんで、トイ・ソルジャーの続編かとだまされて誰かが借りてくれればしめたもの的な根性が好きです。
見たことのある俳優が一人もいない中、ぐだぐだとストーリーは進行します。レニーは学校の設備を使って反撃に転じるわけですが、消化機を使ってペンを飛ばし、女ボスを倒した時の台詞が「ペンは剣よりも強しだな。」うわーなんて最低な台詞!大好き!
B級映画好きにはたまらない作品となっております。是非。
| アクション | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) |